新亜光学工業株式会社の提供している技術について確認しましょう

>

防犯対策用品の製造を通じて人々に安心安全を届ける

どのような製品を製造するのか

光学工業界のパイオニアである新亜光学工業株式会社は、光量調整装置をはじめ複数の特許を取得しました。その経験を用いて防犯対策の用品も製造しています。

周囲の明るさに合わせて被写体を自動でレンズの絞りを行うオートアイリスを用いて、犯人の画像を残しやすくします。防犯カメラやドライブレコーダーの使用でも活かされており、各種犯罪の抑止力を図れます。また、トゥルーデイナイト機能搭載タイプの製品も開発しており、低照度のような場所でも白黒で鮮明な画像を残せます。

他にも、エクリプス機能という車のハイライトでもナンバーなどを選別しやすい機能や、暗い場所でも明るくしてその逆も可能な高性能なワイドダイナミックレンジ機能搭載タイプも、防犯製品として開発されているはずです。

頑丈な製品なのでコスパの高さも得られる

しかし、防犯カメラやドライブレコーダーの設置をしても、犯人に壊されてしまえば役割を果たせません。犯人によっては、あえて破損行為をするケースもあります。新亜光学工業株式会社は、各種対策をしたうえでレンズや機器などの製造をしており、衝撃を受けて破損をする場合のリスク対策は万全です。

カメラのシャッターは、通常タイプなら10万回撮影すれば壊れやすくなります。
防犯カメラなどを設置する場所によっては多く撮影する分、寿命が短くなりがちです。なお、屋外であれば防水機能が無いと水によるダメージを受けてしまいます。

新亜光学工業株式会社の製品は、シャッターを多く使用しても長期間の使用が可能です。また、天候へのダメージも配慮したうえで製造をします。


TOPへ戻る